扶養手当廃止?最新ネットワークビジネス,主婦が在宅で子どもを守る副業とは?

扶養手当廃止?最新ネットワークビジネス,主婦が在宅で子どもを守る副業とは?

コロナ感染拡大で友達や知り合いにもアポ取り出来ないと悩んでませんか?

<国家公務員から扶養手当廃止するニュース!このままいくと企業も経費削減のためにのりかかる?母親、主婦が子供の為にできる在宅ネットワークビジネスで家庭を守る方法とは?>
koureika.jpg
超少子高齢化が進む中で、高齢者の社会保障が重くのしかかり、今後さらに私たちの生活は国に切り詰められていくようだ。
度重なる増税や、生活保障の廃止など、子育て世帯にはどんどん厳しさが増し、
今の日本の貧困世帯を増加させています。

産経ニュースのデータでは、17歳以下の子育て世帯ではおととしに16.3%が貧困となっているそうです。
原因としては、母子家庭が増えた部分と、非正規雇用の増加が背景にあるといいます。
主婦や母子家庭の母親はこの先どうすればいいのでしょうか?

そんな中追い打ちをかけるニュースが入りました。
先日、配偶者控除廃止・見直しの方向性が政府によって打ち出されたましたが、子育て世帯への増税になるなどの批判の声から、具体的な結論は出さないという方針が政府税調で出されたのですが、次は同じ理屈で扶養手当の廃止が上がりました。

国家公務員の配偶者の場合、月1万3000円の扶養手当だが、年間にすると15万6000円にもなり、配偶者控除の廃止よりも家計負担のインパクトは大きくなる見通しです。

扶養手当廃止に不安な主婦は副業を考える

stop.jpg
この政策の肝は国家公務員が見直すことで「民間企業にも廃止を促進する」という点です。
「お上も言ってることだし、女性の社会進出を促すために我が社も」と理由をつけて、普段から人件費を抑制したい企業は扶養手当を全面廃止することは容易に予想がつきます。

しかし、公務員だけは、「手当廃止による減収分を補う家計支援新制度」とかいうわけの分からない制度をさりげなくつくり、歳出削減にもならないというオチまでついてくるといった始末です。
こういった扶養手当の廃止などの政策が続くと、
子どもを守る主婦にはより生活の不安がつのりますね??

このような不安がつのってくると、
労働賃金以外に別の収入が欲しくて、
ネットワークビジネスをはじめる主婦の方が多くなるかもしれませんが、
だだ収入が欲しいからといった動機では
収入がはいるどころか、
支出が多くなる矛盾が生まれてしまいます。

なぜなら、まずは自己消費しなければいけないし、
個人、グループの目標のために、商品が売れなければ、
自分で買い込まなければならないパターンも。
なにより、外出、お茶、イベント、パーティー
など知り合いを動員する交際費がばかになりません。

在宅副業で主婦が出来る仕事

bihada.jpg
しかし、諦める必要はないんですよ?
今は新しいマーケティング手法を使えば、
在宅ネットワークビジネスをできるようになりました。
外出も無駄な経費もセミナー行く必要もない、
子どもがいるそばで、ネットワークビジネスをできる時代になりました。

これからの時代は在宅のネットワークビジネスで
安定した副収入を得る!まだ99.9%の人が知らないノウハウ
それでも実はもう10年以上も右肩上がりで止まる気配がありません。

もし、これからの生活の保障がほしいのなら、
詳細だけでも知っておいたほうがいいかもしれませんね!

↓ ↓

声をかける人が居なくて困っていませんか?

ネットワークビジネスの勧誘で怖いのは「イメージが悪い」「信用が無くなる」ことなんです。
勧誘する事が出来ない、声を掛ける人脈が無くなったら、ビジネネスをあきらめるしかありません。
でも、もしその人脈が無限に増えて、しかも相手の方から「話を聞かせて欲しい!」と言ってくる驚きの方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?

オンラインで人脈が無限に増えて行く驚きの方法知りたいですか?
テキストのコピーはできません。