ネットワークビジネスの利益率を上げる伝え方をほとんどの人が知らない?

ネットワークビジネスの利益率を上げる伝え方をほとんどの人が知らない?

コロナ感染拡大で友達や知り合いにもアポ取り出来ないと悩んでませんか?

ネットワークビジネス利益率を上げる本当の伝え方

相手に利益可能性を伝えるのではなく、描かせることだった!?>

photo-ac.com

ネットワークビジネスであなたの利益率を上げるリクルート時の
正しい伝え方って知ってますか?

このことを知らないから、もしかしたら
あなたの成功が遅れているのかもしれませんね?

ネットワークビジネスにかかるお金のうち、活動経費と製品購入代
でまったく利益が出ない状態になっていませんか??

実は利益可能性をこちらから言う伝え方はダメであり
描かせるのがコツだったんです。

それでは詳しく読み進めていきましょう。

photo-ac.com

ネットワークビジネスの伝え方

世の中ほとんどのネットワークビジネスをやっている人たち、
営業、セールスマンたちは、自分たちが伝えたい情報や
売りたい商品について一生懸命に話します。

「この商品を使うと、こんなに良いことがある」とか
「これは使絶対に使うべき!」などです。

確かにそうです。素晴らしい製品、
サービスを扱っているのですから、その価値を相手に伝えたいです。

それはそれで正しいことなんです。

問題は、そのやり方で成果が上がるかどうかです。

売り手が一方的に利益や可能性を言う伝え方は、
意外と成果や利益率は上がりにくいものなのです。

それよりも成果が上がる方法とは?

photo-ac.com

photo-ac.com

ネットワークビジネス本当の伝え方

本当の伝え方とは利益や可能性を相手に描いてもらうのです。

一見似ていますが、効果はまったくもって違います。

相手の頭の中で相手自身に想像し描いてもらいます。
相手の頭の中に描いてもらうということは、
相手がその利益恩恵をすでに手に入れている
状態をイメージしてもらうのということになります。

これが、成果につながりやすいのです。

描かせる時のキーワードは、「もし」です。

例えばこのように使います。

「○○さん、ちょっと想像してみてください。もし、今回○○を手に入れることによって○○が○○になるとしたら、○○さんの収入はどうなりますか?」

「もし」という言葉は仮を前提とした言葉です。
「もし」と言う言葉を言われてむきになって反論する人はいません。
あくまで仮の話だからです。

「もし、宝くじがもし1億円当たったら何に使う?」
なんて話をよくしましたよね?

「もし」という言葉を使った瞬間に仮説想像の世界にシフトできるわけです。
「もし」以外にも「仮に」とか「例えば」という言葉も
同じ意味を持ちますので、いろいろと使い分けるとよいいですね!

ネットワークビジネスの様々な場面で使ってみてくださいね(^^)/

次のページでさらに深く進めていきましょう!!

声をかける人が居なくて困っていませんか?

ネットワークビジネスの勧誘で怖いのは「イメージが悪い」「信用が無くなる」ことなんです。
勧誘する事が出来ない、声を掛ける人脈が無くなったら、ビジネネスをあきらめるしかありません。
でも、もしその人脈が無限に増えて、しかも相手の方から「話を聞かせて欲しい!」と言ってくる驚きの方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?

オンラインで人脈が無限に増えて行く驚きの方法知りたいですか?
テキストのコピーはできません。