アムウェイやニュースキンで収入を得て、儲かる人たちに共通する秘訣とは?

アムウェイやニュースキンで収入を得て、儲かる人たちに共通する秘訣とは?

コロナ感染拡大で友達や知り合いにもアポ取り出来ないと悩んでませんか?

アムウェイニュースキンで収入を得て、儲かる人たちに共通する秘訣とは?>

oukan.jpg

こんにちは!最新のマーケティング手法でネットワークビジネス
を提案するエグゼクティブマーケッターです!

今回はライト兄弟の成功例を出しながら、
有名なアムウェイニュースキンで今でも儲かる人たちの秘訣を
考えていきたいと思います。

アムウェイやニュースキンで儲かるための秘訣

アムウェイニュースキンのビジネスをスタートしたら、
必ずと言っていいほど出てくるのが失敗や壁が立ちはだかります。

人によってはスタートした瞬間にすぐ出てきます。
これは辛いですよね。

製品を愛用しながら、儲かるビジネスだと思い始めたものの、
私たち人間は感情がありますから、どうしても失敗や壁は怖いです。
ただ、私自身の経験とパートナーたちを見てきてわかりましたが、
失敗や壁は当たり前だと言うことです。
失敗なくして成功はありえまえせん。
大切なのは、失敗した後にどう対処するかです。

rit.jpg

アムウェイニュースキンで活躍して儲かるためには
彼らのことを避けては通れません。

飛行機で有名なライト兄弟をご存知ですか?

当時は、人間でも空を飛びたいという夢に
挑戦している人たちがたくさんいたそうです。

ライト兄弟もたちもその一組みだったのですが、
なぜ彼らだけが偉業を成し遂げたのでしょうか?

それには理由があります。

それは、ライト兄弟たちが飛行実験をするのに選んだ場所で、
キティホークと言う地域です。
その場所は草原で草が豊富でした。
当時、飛行テストをするほとんどの人たちが、崖や高台を選んでいました。

ところが、飛行実験の場所が崖や高台では、
もし失敗した時に試作機がバラバラに壊れてしまい、
自分自身が怪我をしてしまうという高いリスクを背負ったでしょう。
リスクを背負ったまま、飛行実験を何度も続けられません。

ライト兄弟たちは、飛行実験にはたくさん
失敗するということがわかっていました。

だから飛行実験の場所にキティーホークを選びました。
そこは広大な草原で、万が一失敗したとしても、
草原のたくさんの草がクッションになって

『リスクを限りなく減らすことができる!』

ということをあらかじめ知っていたわけです。

この考え方は起業に応用するべきです。
ビジネスを立ち上げるには失敗はつきもの。
だから、失敗についての対処の仕方をあらかじめ考えておく。
これがポイントです。

儲かるためのビジネスにおいては
失敗する経験は必ずたくさんする、ということと、
失敗は悪いことではないという解釈の違いを改めて
理解して認識しておく必要があるのです。

tori.jpg

失敗はあくまでも行動した結果の一部です。行動した証です。
たまたま失敗という結果になった。成功したという結果もあります。
ただ失敗したというだけで現象という結果です。
ネットワークビジネスで成果を上げられない人たちは、
この結果に一喜一憂してしまいます。

「失敗したから、堕ちこみました」とか「凹みました」とかです。
失敗は行動した結果です。悪いことではないのです。
さらに言えば、自分が自分の能力以上のことに挑戦した証です。
それが失敗です。

ということは、失敗=スキルアップのチャンスになります。
自分が高い目標を目指し行動していく中で起こる現象です。
ただの現象なのです。しかもスキルアップです。
失敗=悪いイメージとは正反対です。
失敗を表面的なイメージ捉えてしまうと、
失敗=悪いというイメージです。
これでは向上や進展はほとんどありません。

今回この失敗は何でしてしまったのか?
今回の失敗は自分にとつてどんな課題なのか?

を考えて分析することが最も重要なのです。

行動→結果→失敗→分析→仮説→行動、この繰り返しが重要なのです。

2、3回の失敗で挫折してしまう平凡な人ではなく、
分析して失敗を肥やしにする考え方というのが、

アムウェイやニュースキンで儲かるための秘訣なのです!

声をかける人が居なくて困っていませんか?

ネットワークビジネスの勧誘で怖いのは「イメージが悪い」「信用が無くなる」ことなんです。
勧誘する事が出来ない、声を掛ける人脈が無くなったら、ビジネネスをあきらめるしかありません。
でも、もしその人脈が無限に増えて、しかも相手の方から「話を聞かせて欲しい!」と言ってくる驚きの方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?

オンラインで人脈が無限に増えて行く驚きの方法知りたいですか?
テキストのコピーはできません。