在宅ネットワークビジネスで少子高齢化社会の年金無しの不安を切る

在宅ネットワークビジネスで少子高齢化社会の年金無しの不安を切る

コロナ感染拡大で友達や知り合いにもアポ取り出来ないと悩んでませんか?

by stockimages/freedigitalphotos.net

2050年には第二次ベビーブーム世代が全員75歳以上になります

少子高齢化の不安を断ち切り、在宅ネットワークビジネスで家族や子どもを守る>
前回の記事の続きですが、今でさえ高齢者の80%が年金をもらっているにも
かかわらず貧困の生活の危険性に見舞われています。
このような数字は、政府は一切発表もしませんし、
マスコミも報道していません。
しかしもっと厳しい現実がこの後にきます。

少子高齢化社会の年金

by stockimages /freedigitalphotos.net

不安を煽るわけじゃなく、本当にこれからの時代が厳しくなるのです。
これは私が危機を回避するために色々な収入源を作る一番の理由です。
年金の受給年齢は今後どんどん後回しにされていきます。
医療費用の個人負担は増していきます。
更には年金そのものが、今の金額を同様に負担しきれるはずが
ありません。

今、私たちが毎月支払っている年金は、将来の私たちの年金をとして
積み立てられれているのではなく、今の高齢者の年金支払いの為に
全て使われてしまっています。
今後少子高齢化がすすみ、労働人口がどんどん減少する中で
先々の年金制度が崩壊寸前にあることが一番のポイントです!
私はいつも危惧しています。

少子高齢化社会の不安

manin.jpg
現代は様々なストレスにまみれ、二人に一人が癌になる時代です。
一生懸命働いていても家族を守ろうとしていても
明日もし病に倒れ、働けなくなってしまったら、
その段階で未来が見えなくなってしまいます。

明日が一切読めなくなります。
3年前まで私もこのことは『わかっていても考えない、
考えたくない』とその日を乗り越えることだけ考えて
日々働いていました。

しかし、結婚し子どもができました。
自分だけの人生ではなくなり、もうこのような考え方はやめました。
年金制度、社会保障も医療もあてにならなくなる時代が来る、、
少子高齢化社会の本格的な到来の中で自分たちを守れるのは自分たちだけなのだと
悟ったのです。
これからどのような事態になっていくのかは
次の記事に書きます。一緒に考えていきましょう。

少子高齢化社会の不安を回避するためには

photodune-755582-happy-family-m1.jpg
少子高齢化社会の不安を回避するためには
収入源を普段の労働収入に加えていくつか作る必要があります。
そして余剰資金を積み立てたり、投資して老後の自分年金まで
作る必要がありますね。

その中で今私がやっているものは過去に失敗してしまった
ネットワークビジネスをインターネットで
在宅にて空いた時間にやっています。

ネットワークビジネスは世間的に評判が悪く、収入にならない、
日夜知り合いを勧誘して、セミナーを繰り返し人脈や時間まで
潰してしまうイメージが先行していると思いますが、
それは古いやり方の話しです。

在宅 インターネットで世界でもトップクラスの製品を愛用し
外出、勧誘、セミナー、在庫、買い込み無しで、経費一切かけずに安心して
ネットワークビジネスができるようになりました。

しかも周りがネットワークビジネスをやっていると
誰もわからないところもポイントです。
今将来の危機の回避のため、サラリーマン、主婦、自営業者が
参入し始めて結果を出しているビジネスを私もやっています。
情報を知らなければ何もできませんね。
詳細は興味があれば下記リンクをご覧ください

声をかける人が居なくて困っていませんか?

ネットワークビジネスの勧誘で怖いのは「イメージが悪い」「信用が無くなる」ことなんです。
勧誘する事が出来ない、声を掛ける人脈が無くなったら、ビジネネスをあきらめるしかありません。
でも、もしその人脈が無限に増えて、しかも相手の方から「話を聞かせて欲しい!」と言ってくる驚きの方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?

オンラインで人脈が無限に増えて行く驚きの方法知りたいですか?
テキストのコピーはできません。